顧客の疑問を解決するヘルプコンテンツとは|作り方や注意点を解説

インターネットで動画を見ることが定着した今、動画マーケティングを考える際にはGoogleがYouTube動画マーケティングにおいて提唱している「3H戦略」を理解する必要があります。

「3H戦略」とはHEROコンテンツ・HUBコンテンツ・HELPコンテンツの頭文字のHを使用して名付けられたもので、それぞれのコンテンツを企業が作成する動画に当てはめると次のような意味があります。

HEROコンテンツ:企業の商品やサービスを認知してもらうためのコンテンツ
HUBコンテンツ:見込み顧客と企業をつなぐコンテンツ
HELPコンテンツ:顧客の検索ニーズに応えるコンテンツ

この記事では特に、集客や顧客満足度に直結するヘルプコンテンツについての基本的な情報と、作り方を紹介しましょう。ヘルプコンテンツの作成を考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

ヘルプコンテンツとは

ヘルプコンテンツとは「3H戦略」の一つであり、顧客が抱える疑問を解決するための「HOW TO動画」や「お役立ち動画」を指しています。具体的には商品やサービスの操作方法の説明、商品説明、デモンストレーション、FAQなどの動画がヘルプコンテンツに該当します。
ヘルプコンテンツは、既存顧客はもちろん見込み顧客や自社を知らないユーザーのニーズにも応えられるものでなくてはいけません。

ヘルプコンテンツを作成する目的

検索からの流入を想定して、予備知識がなくても楽しめるヘルプコンテンツを作成すれば、新規ユーザーが自社コンテンツのファンになってくれます。長期的に接点を結ぶことで見込み顧客の育成が期待出来るでしょう。

また、既存顧客もヘルプコンテンツから学び、自分の活用している商品やサービスについての知識を深められるようになるため、顧客満足度を高める効果もあるでしょう。

ヘルプコンテンツの作り方

ここからは優れたヘルプコンテンツの作成方法を紹介します。ユーザー需要の高いヘルプコンテンツを作るために、ぜひ参考にしてください。

1 ユーザーが求める情報を調査する

まずはユーザーが今どのような情報を求めているのかを知る必要があります。話題になっている単語や検索頻度の高いキーワードを知るためには、YouTubeの閲覧急上昇動画を参考にしたり、世界中の検索トレンドを確認可能なGoogle Trendsを活用したりすると良いでしょう。

例えばGoogle Trendsで「消毒液」というワードを検索すると、関連キーワードには「検温機能付き消毒液ディスペンサー」「リストバンド消毒液」「消毒液スタンド」「消毒液ホルダー」などのキーワードの検索が急増していることが分かります。

これらのキーワードから考えると、店舗に消毒液を設置するための手段または具体的な商品を求めた検索が多いようです。自社で消毒液を販売しているとしたら、消毒液単体の紹介ではなく店頭利用を前提とした動画作成を検討すると良いでしょう。

このように、自社の商品と関連のある話題やキーワードを見つけ、そのキーワードをもとにヘルプコンテンツを考えていきます。

2 ユーザーのニーズに応えられる動画を作成する

現在ユーザーが求めている情報が分かったら、そのニーズに応えられる動画を作成します。自社の商品を直接アピールするのではなく、まずは「ユーザーの抱える疑問や悩みを解決する」ことを目的とすることが大切です。

ヘルプコンテンツを作成する際の注意点

ここからは、ヘルプコンテンツを作成する際に知っておくべき注意点を説明しましょう。

注意点1 必要以上に会社の情報を詰め込まない

ヘルプコンテンツは文字通りユーザーを助けるためのコンテンツでなくてはいけません。自社商品のアピールや会社情報ばかりが強調されたコンテンツは視聴者の需要に応えられないでしょう。

商品の宣伝に偏ったコンテンツを作成しないように気をつけ、宣伝要素は動画の最後の時間を活用します。後ほど紹介するヘルプコンテンツの動画例を参考にしてください。

注意点2 コンテンツ作成は迅速に行う

ユーザーの求める情報は日々変化するものであり、ヘルプコンテンツを作成するたびに最新のトレンドを調査する必要があります。

作成予定の動画のキーワードが決定したら、そのキーワードに適したヘルプコンテンツを迅速に作成・配信しましょう。ここで時間を費やしてしまうと、すでに決定したキーワードが古い情報になってしまい、期待するような効果が得られにくくなります。

注意点3 企業イメージに沿った動画を作成する

ヘルプコンテンツは直接企業を宣伝するために作成するものではありませんが、企業イメージに沿ったイメージの仕上がりになると良いです。ヘルプコンテンツも企業の顔であることを意識し、自社のブランドイメージを崩さないようにしてください。

ヘルプコンテンツの動画例

最後に、ユーザーの心を掴むような優れたヘルプコンテンツの動画例を紹介します。自社のヘルプコンテンツ作成時の参考にしましょう。

Panasonic Japan パナソニック:ルミックスGF「背景をぼかして撮ろう」

パナソニックの公式動画であり、自社商品のルミックスGFを使った背景をぼかした撮影の方法を分かりやすく動画で説明しています。

すでにルミックスGFを持っている顧客はもちろんルミックスGFの購入を考えている顧客の疑問を解決しており、カメラを始めて買う方にも操作方法が簡単に理解出来るという特徴があります。

同ヘルプコンテンツでは、他にも初心者向けの動画を複数配信しているため、これからカメラを勉強したいという方から人気を集めているのです。

Gillette ジレット:How to Shave – Shaving Tips for Men|Gillette

髭剃りの販売で知られているGilletteでは、正しい髭剃りの方法を丁寧に動画で説明しています。

髭剃り動画と言うと大きな動きがないことから単調な動画になりがちですが、臨場感のある独特なカメラワークでスタイリッシュに仕上がっており、短編映画のような印象です。

Gilletteの企業イメージの沿ったヘルプコンテンツだと言えるでしょう。

MUJI 無印良品:無印良品のスキンケア エイジングケアシリーズ「ゆっくり過ごす夜」

無印良品の基礎化粧品の使い方を紹介するヘルプコンテンツです。よくある基礎化粧品の華美なヘルプコンテンツとは違い余計な宣伝や装飾を行わず、1人の女性がスキンケを行う様子を最小限のテロップで説明しています。

動画全体から無印良品らしいシンプルかつ心地良い印象を受けますが、それぞれの商品の特徴や効果を十分視聴者に伝えられていると言えるでしょう。動画内に登場する家具・小物・衣類全てから無印良品のこだわりを感じられます。

まとめ

ヘルプコンテンツは顧客のニーズに応え、顧客が抱える悩みや疑問を解決出来るものでなくてはいけません。記事内でもお伝えしたように、自社の宣伝ばかりを目的とせずに視聴者主体の動画作りが出来るようにしましょう。この記事を参考に、自社の商品やサービスに最適なヘルプコンテンツは何かを考えてみてください。

また、ヘルプコンテンツの作成には、ツールの利用が便利です。スマホで撮影した動画をそのまま使用できたり、ツール上で編集できたりするツールもあり、動画編集の経験がなくても、比較的簡単に作成することが可能です。ヘルプコンテンツの作成には、便利なツールの導入も検討するといいでしょう。

toaster team トースターチームなら ヘルプコンテンツも簡単作成できる!

toaster team トースターチーム( https://toaster.how )は、働くすべての人たちがどこにいても「わかる」「できる」ようになることをコンセプトに、チーム・組織に必要な機能をオールインワンに備えた情報共有プラットフォームツールです。

toaster team トースターチームの外部公開機能を利用すると、作成した文書マニュアルや動画マニュアルをヘルプコンテンツとして公開できます。パスワードロック機能を使うことで、社外の特定の顧客だけにアクセスを許可することも可能です。社内マニュアルや社内情報共有としての活用だけでなく、社外への営業ツールやお客様からのお問い合わせを減らすサポートツールとしてもご活用いただけます。

 

トースターチームの導入効果例(一例)

・マニュアル作成時間が1/8に削減
・社員教育の費用が50%削減
・社員の定着率が前年比 30%改善
・お客様への対応時間が1/6に大幅削減
・新人教育の研修時間が1/3に削減
・テレワーク環境でのストック情報の環境を即日構築
・マニュアル専用ツールより高機能

進化し続けるクラウドサービス「toaster team」ご参考情報

(1)3分でわかる トースターチーム 動画
https://youtu.be/MMIpSYU7pVQ

(2)日本経済新聞・日経BP・Tech Crunchさん等、30メディアに掲載

日経電子版「全社員テレワーク、先進企業が気づかなかったトリセツ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57695080W0A400C2000000/

日経クロステック「テレワーク下の情報共有を変革、「おせっかい」が役に立つ」
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/080700607/

nocoセールス

当社はセキュリティ管理体制の強化と継続的な改善を行い、
お客様に安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

情報セキュリティマネジメントシステム ISMS
認証規格 ISO/IEC27001:2013 / JIS Q 27001:2014
認証番号:GIJP-0320-IC